元気なだけが取り柄で、「歩く移動性高気圧」がモットーの「きんた」こと福嶋恭則の、時には真剣に、時には楽しく、時には徒然なるままに・・・ 税理士を身近に感じてもらうブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践!伊那谷経営革新塾第2期6月例会を開催しました。


実践!伊那谷経営革新塾とは

 先の見えない日本経済・地域経済の中、企業を経営することは
とても難しい時代となっています。そんな状況の中、
「過去の延長線上には未来はない」というように、我々経営者は
過去のやり方にしがみついていては企業を継続していくことは
困難となります。そこで自社の経営を強化し発展させ、そして
伊那谷が発展するためにみなさん一緒になって勉強していきましょう。
他のセミナーなどでは気軽に質問をすることが多いですが、
この塾では参加者全員でざっくばらんに話し合うことができる会

というのが趣旨です。



今回より第2期ということで2年目を迎え、新メンバーの方も入り

13名の参加で開催しました。

本日のテーマは

「決算書は会社の通信簿」①
会計ってなに? 貸借対照表・損益計算書


内容

・自己紹介
   それぞれ参加者の方の自己紹介をして戴きました。
   それぞれの参加者同士の交流の中から仕事での結びつきが
   生まれることがあればと思います。

・会計の種類
   会計を大きく分けると財務会計(制度会計)と管理会計に分かれます。
   今日取り上げる貸借対照表・損益計算書は財務会計で、
   一定のルールにより作成する外部報告を主目的とした会計です。

・財務会計(制度会計)のしくみ
   外部報告会計のため企業外部の社会制度(法制度)の拘束を受ける

・会計を取り巻く環境
   国際会計基準にコンバージェンスするため会計基準の制定が相次ぎ
   複雑化している

・中小会計要領
   平成24年2月 中小企業庁・金融庁発表
   中小企業の現実との乖離を埋めるため中小企業の実態に即した会計
   ルールの整備・活用

・会計の目的って何だ?
   本質的な目的は「自己報告」、利害関係者への報告が重要であるが
   本質的には自分自身のためであり、この厳しい経済状況の中会社が
   生き残っていくため会社の体質強化に必要

・決算書(財務諸表)とは?
   企業が利害関係者に対して、一定期間の経営成績や一定時点の財政
   状態を明らかにするため、一定のルールに基づき作成される書類

・決算書の種類
   貸借対照表(B/S) 一定時点における企業の財政状態を表す 
   損益計算書(P/L) 一定期間における企業の経営成績を表す
   キャッシュフロー計算書(C/S) 一定期間における資金の流れを表す

・貸借対照表の構成
   資産  企業の資金の運用状況 どこにお金が使われているのか
   負債  資金の調達源泉 どこからお金が入ってきたか  他人資本
   純資産 資金の調達源泉 どこからお金が入ってきたか  自己資本  

・貸借対照表の配列
   資産 早く資金化できる順に並んでいる
   負債 早く支払う順にならんでいる

・貸借対照表からつかむ資金繰り
   販売活動における運転資金の調達高の説明

・損益計算書の構造
   

                      
本日も参加者の方々は真剣に最後まで聞いていただきました。

7月例会は7月18日水曜日です。

スポンサーサイト

【2012/06/20 23:56】 | 実践!伊那谷経営革新塾
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。