元気なだけが取り柄で、「歩く移動性高気圧」がモットーの「きんた」こと福嶋恭則の、時には真剣に、時には楽しく、時には徒然なるままに・・・ 税理士を身近に感じてもらうブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は「実践!伊那谷経営革新塾第8回例会」を開催しました。

本日の出席者は15名と当事務所2名の合計17人と大変多くの方に参加して頂きました。


テーマは「変動損益計算書」ということで、

前7回は制度会計について勉強しましたが、今日から管理会計についての

勉強になります。


変動損益計算書とは、

費用を売上と比例して変動する変動費と、売上には比例しない固定費とに

分けて、限界利益を算出し、経常利益を算出するものです。


内容としては

・変動損益計算書の概要・構造

・各産業別の限界利益率

・損益分岐点売上

・必要売上高

・借入金の返済を考慮した目標売上高

・変動損益計算書を利用した問題点の発見法や経営計画

について説明し、また参加者の方々にも計算をして頂きました。


変動損益計算書を自社の経営にしっかり役立てて頂ければと思います。


今までとは違った観点からの考え方だったためか、

いつもに増してみなさん目の色が輝いていました。


次回は3月21日水曜日です。


次回もよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

【2012/02/15 23:45】 | 実践!伊那谷経営革新塾
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。