元気なだけが取り柄で、「歩く移動性高気圧」がモットーの「きんた」こと福嶋恭則の、時には真剣に、時には楽しく、時には徒然なるままに・・・ 税理士を身近に感じてもらうブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は飯田商工会議所簿記講座第12回を開催しました。

本日のテーマは「固定資産」「引出金」


固定資産については取得価額についてと

減価償却についてと売却損益の計算です。


3級は減価償却について定額法のみとなり

取得原価・償却費・帳簿価額について図解で説明しました。

また、過去問を解いてもらい実際の試験ではどのような

形で問題がでるか体験してもらいました。


引出金については、個人事業のみの考え方であることを前提に

資本金勘定の出し入れを引出金勘定という評価勘定を用いて、

決算時に残高を資本金勘定へ振り替えるという事を勉強しました。


引出金勘定は実務上では、借方は事業主貸

貸方は事業主借というと実務で触れている方にはしっくりきますよね。


25回のうち12回が終了しました。だいたい半分ですね。

個別論点もあと2回、みなさん頑張りましょう
スポンサーサイト

【2011/09/29 23:19】 | 簿記講座
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。