元気なだけが取り柄で、「歩く移動性高気圧」がモットーの「きんた」こと福嶋恭則の、時には真剣に、時には楽しく、時には徒然なるままに・・・ 税理士を身近に感じてもらうブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は「読書会かざこし9月例会」を5名の参加で開催しました。

「読書会かざこし」とは

飯田下伊那地域の読書好きの人たちの交流の会

読書を通して人生を豊かにし、また、仲間と本を通して交流することにより

お互いの読書の幅が広がることを考えています。


本日出席の5名(自分も含めて)の方のうち、

2名の方はFacebookで知り合った方とリアルに知り合いになった方です。

そのうち1名の方は今日初めてお会いして、大学の先輩にあたる方でした。

ということでなんか不思議な繋がりの会となっております。


DSCF0078_convert_20120914002355.jpg

鴬巣さんの紹介本

このフランクルの「夜と霧」の著者は精神科医で、第2次世界大戦時のユダヤ人収容所での

体験で、人間の極限状態での気持ちの持ちようで大きな運命の差がでてくるということを

書いているということを紹介して頂きました。

DSCF0080_convert_20120914002417.jpg

竹下さんの紹介本

神田昌典著の本を通してフォトリーディング、マインドマップについて紹介して頂きました。

初めて聞く言葉だったので、とても新鮮な気持ちで聞くことができました。

DSCF0081_convert_20120914002439.jpg

宮下さんの紹介本

五木寛之著の「親鸞」を紹介です。

あと写真を取り忘れましたが

いづみさんの紹介本は

佐々木俊尚著「キュレーションの時代」を紹介して頂きました。

つながりの情報革命が始まるということで、

参加者でソーシャルメディアについての情報交換や意見交換をしました。



福嶋は吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」を紹介しました。

この本は昭和12年に書かれた本であるが、

当時の時代背景を考えると、このようなことを考え書くことができる。

これって信じられないことだと、大学生の時に読んで感じた本です。



こんな感じで、かなり勉強になり、刺激を受けて、情報交換ができる

いい読書会になったように思います。
スポンサーサイト

【2012/09/13 23:57】 | 読書会かざこし
トラックバック(0) |
本日は「読書会かざこし7月例会」を3名の参加で開催しました。


「読書会かざこし」とは

飯田下伊那地域の読書好きの人たちの交流の会

読書を通して人生を豊かにし、また、仲間と本を通して交流することにより

お互いの読書の幅が広がることを考えています。



本日のテーマは「最近読んだ本で印象に残っている本」ということで、

参加者がそれぞれ複数の本を持ってきて、

紹介して内容を紹介し、それについてみんなで質問したり

意見を述べたりというような感じでゆるやかに進みました。


本の中身についてだけではなく今後の仕事について、

最近興味を持ったことなどの意見交換をしながら

2時間ほど有意義な時間を過ごしました。


次回は8月23日木曜日19時からりんご庁舎2階市民サロン

テーマは「今までで一番印象に残った小説について」

で開催致します。

CIMG7922_convert_20120712224811.jpg

CIMG7925_convert_20120712224515.jpg
CIMG7924_convert_20120712224440.jpg
CIMG7926_convert_20120712224540.jpg
 

宮下さんの紹介の本
アメリカの鏡・日本 新版
ヘレン ミアーズ
角川学芸出版 ( 2005-06-01 )
ISBN: 9784046519689

親鸞(上) (講談社文庫)
五木 寛之
講談社 ( 2011-10-14 )
ISBN: 9784062770606


いづみさん紹介の本
脳と心の整理術
茂木 健一郎
PHP研究所 ( 2012-02-16 )
ISBN: 9784569802541



福嶋紹介の本
日本でいちばん大切にしたい会社
坂本 光司
あさ出版 ( 2008-03-21 )
ISBN: 9784860632489



錦繍 (新潮文庫)
宮本 輝
新潮社 ( 1985-05 )
ISBN: 9784101307022


【2012/07/12 23:08】 | 読書会かざこし
トラックバック(0) |
ついに念願の読書会を開催しました。
といっても読書会に参加したことがないのでどのように進めたら良いのか

手探りでしたがなかなか楽しく有意義に開催できました。

「読書会かざこし」とは

飯田下伊那地域の読書好きの人たちの交流の会

読書を通して人生を豊かにし、また、仲間と本を通して交流することにより

お互いの読書の幅が広がることを考えています。

記念すべき第1回である今日のテーマは

「今までの人生で一番印象に残った本」についてです。

メンバーそれぞれ本を持ってきてその本の思いを語りました。

普段日々の仕事に追われ忙しい毎日を送っているメンバーも

ゆっくりとした時間を過ごしました。


DSCF0056_convert_20120614000618.jpg



福嶋の持ってきたカーネーギーの「人を動かす」です。

大学時代の恩師である江口先生の授業で使ったテキストとして購入しました。

社会人として、仕事がうまくいかなかった時、

落ち込んだ時に読んでいる福嶋のバイブルです。
人を動かす (HD双書 (1))
D.カーネギー
創元社 ( 1982-12 )
ISBN: 9784422100012



宮下さんが持ってきた本。宮下さんはこの読書会に誘われたのを

きっかけに意識して読むようになったとのこと。

最近​読んだ五木寛之の本です。松下幸之助、稲盛和夫、

本田宗​一郎の著書に興味があるそうです。

下山の思想 (幻冬舎新書)
五木 寛之
幻冬舎 ( 2011-12-09 )
ISBN: 9784344982413

親鸞(上) (講談社文庫)
五木 寛之
講談社 ( 2011-10-14 )
ISBN: 9784062770606

親鸞 激動篇 下
五木 寛之
講談社 ( 2012-01-14 )
ISBN: 9784062910071



福山さんが持ってきた本、鍵山秀三郎著「凡事徹底」です。

イエローハットの創業者で日々の当たり前のことを​

積み重ねることにより非凡になると説いており、

イエロー​ハットはこの理念を徹底してきたことで今日があります。​

福山さんはお兄さんの尚樹さんに勧められてこの本と出会いました。

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則
バーバラ・フレドリクソン
日本実業出版社 ( 2010-06-24 )
ISBN: 9784534047243




いづみさんが持ってきた本。あのリンドバーグの奥さんである

アン・モロウ・リンドバーグの「海からの贈りもの」​です。

女性が自立して生活過程を貝をモデルとして描いている本です。

いづみさんのピアノ教室の生徒さんが結婚するときにはプレゼントしているそうです。
海からの贈りもの
アン・モロウ リンドバーグ
立風書房 ( 1994-10 )
ISBN: 9784651930138


次回は7月12日木曜日  テーマは「最近読んだ本の紹介」

【2012/06/14 00:22】 | 読書会かざこし
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。